車の売却を検討している人は、少しでも高く売りたいと思っているのではないでしょうか。

車の売却をおこなう理由は人それぞれですが、できるだけ「早く」しかも「高く」売りたい悩みは共通していると思います。

いざ車を売却しようと思っても何から取り掛かって良いか分からず、ディーラーや買取業者に車を持っていき、そのまま任せっきりという人も少なくありません。

ディーラーや買取業者に全て任せっきりにしてしまうと、買取価格が希望より安かったり、買取価格に対し妥協し売却してしまう人も多くいます。

大切に乗ってきた車、せっかく売るのであれば少しでも高く買取してもらいたいですよね。

このサイトでは上記のような悩みを解決できる内容になっています。

なぜなら、このサイトを参考にしてから車を売却することで、車の買取の流れや注意点が理解できるだけではなく、査定額が大幅にアップしたケースも多くあります。

このサイトでは、管理人の経験をもとに「車の買取の悩み」や「車を高く売るためのポイント」について解説しています。

このサイトを参考にすれば、車の買取の知識が付くだけではなく、あなたの車を最高額で売却できるできるようになります。

車を高額買取してくれるたった1つのコツ|賢い売り方を解説

こんな人にピッタリ

  • 車を高く売る方法を知りたい
  • 査定額を少しでも高くするコツを知りたい

車を高く買取してもらうには、売却する時期やタイミング、売却する買取業者と思っている人も多いのではないでしょうか。

車を売却する時期やタイミング、売却する業者によって査定額が変動するのは間違いありませんが、最も重要なポイントは「複数の買取業者に査定を出すことです。

ディーラーでも買取業者でも、「買取」とは「仕入れ」です。仕入れ値が安ければ安いほど利益幅が高くなるので少しでも安く買取するのは当然ですよね。

しかし、複数の買取業者に同時に査定を出せば買取業者同士で価格競争が起きます。

価格競争が起きれば、オークション形式で査定額がグングン高くなるのはもちろん、お得な条件を提案してもらえる可能性もあります。

複数の買取業者に査定を出すのであれば、ユーカーパック査定がおすすめです。

ユーカーパックは一括査定の仲介会社で、従来の一括査定の問題点を全て解決したサービスです。しつこい電話営業が無く、個人情報が漏れる恐れもありません。

そのうえ、最寄りのガソリンスタンドで一回査定をおこなうだけで、1000社以上の買取業者から買取価格の提示を受けられます。

>>ユーカーパック(公式)への査定依頼はこちら

買取価格をさらに上げる3つのポイント|減額されないためにはどうする?

本章で分かる内容

  • 買取価格を上げるためのポイントを知りたい
  • 査定額が減額されないためのポイントを知りたい

車の売却を検討しているあなたは、買取価格を少しでも高くしたいと思っているのではないでしょうか。

本章では、あなたの車を買取価格を少しでも上げるポイントや査定額を減額されないためのポイントを解説しているので参考にしてください。

買取相場を調べましょう

買取価格を少しでも高くするには、買取相場を調べる必要があります。

買取相場を事前に調べておくことにより、安く買い叩かれるのを防ぐことができ、買取交渉に関して有利に働く場合があります。

そのため、車を売却する最低限の知識として、あなたの車の買取相場を調べておきましょう。

査定前に車内清掃しましょう

車の査定前には洗車と車内清掃をおこないましょう。

査定時のポイントは多数ありますが、査定員の第一印象として清潔さが重要なポイントになります。

車体が綺麗で車内が清潔の車は大切に乗ってきたことが伝わり、反対に車体や車内が汚い車は「壊れている箇所はないか?」や「ちゃんとメンテナンスをおこなってきたか?」と疑問を持たれ査定員の印象を悪くしてしまいます。

洗車や車内清掃をしたかたらといって査定額が高くなるわけではありませんが、査定額が減額されるのを防ぐことができます。

買取相場が高い時期に売却しましょう

車の高く売却するには、売却する時期が重要なポイントです。

なぜなら、中古車市場は時期によって買取相場が大きく変動するからです。

買取相場が最も高い時期は1月〜3月

一般社団法人「日本自動車販売協会連合会」が発表している自動車の月間販売台数は2017年の3月が約69万台、次いで9月の約49万台が車を多く販売している時期になります。

最も車を多く販売している時期は3月です。なぜなら、4月から就職や新生活を始める人の多くが新しく車を購入するためです。

中古車買取業者は、3月には決算があり、販売台数を少しでも伸ばしたい意味合いと年度末の1月〜3月に販売するための在庫確保をする必要があるので高額でも買取をおこなっています。

2番目に買取相場が高い時期は7月〜9月

9月は3月の次に車の販売台数が多い時期です。1月〜3月と同様に転職や転勤などで新しく車を購入する人が多いためです。

中古車買取業者は、8月にはボーナス商戦や9月には半期決算があり、在庫確保の意味合いと競合との差をつけたいため高額でも買取をおこなっています。

買取相場が高い時期は約半年のずれているので、あなたが車を売却する時期に合わせて選択しましょう。

電話営業一切なし?おすすめの一括査定ランキング比較表

本章で分かる内容

  • おすすめの一括査定サイトを知りたい
  • 電話なしメールなしの一括査定サイトがあるのか知りたい

複数の買取業者に同時に査定を出すのであれば、一括査定サービスをおすすめしています。

一括査定サイトって色々あって結局どれが良いのか分からないという人も多いのではないでしょうか。

一括査定を利用して車を売却すれば高く買取してもらえるのは間違いありませんが、サイトごとにさまざまな特徴があます。

安易に一括査定に申し込むと「こんなはずじゃなかった!」というケースも少なくありません。

一括査定サイト比較表

一括査定サイト 特徴
ユーカーパック 電話営業一切なし。1回のみ査定で最大5000社以上の買取業者から買取価格の提示を受けられる
カーセンサー.net簡単ネット査定 従来の一括査定サービス。住所入力項目がなく郵便番号のみで1〜最大30社の自分にあった買取業者に一括査定がおこなえる
楽天カーサービス 申し込みで5Rポイント。買取成立で1500Rポイントがもらえる
(ナビクル)かんたん査定ガイド JADRIで許可された買取業者のみと提携しているため安心して利用できる
ズバット車買取 申し込みと同時に概算の買取相場が分かる
カービュー車買取 一括査定の中で最も歴史を誇るため安心して利用できる

上記では大手一括査定サイト6社の特徴を表にしてみました。
 
各一括査定サイトにはさまざまな特徴を踏まえた上で、管理人がおすすめするサイトをランキングにしてみたので紹介します。

一括査定サイトおすすめランキング

管理人が最もおすすめする一括査定サイトは「ユーカーパック」です。

ユーカーパックとは、一括査定の仲介会社で、これまでの一括査定の問題点を全て解決したサービスです。

ユーカーパックであれば、従来の一括査定の問題点の電話営業が一切なく、自宅や提携ガソリンスタンドで一度査定をおこなうだけで最大5000社以上の買取業者から買取価格の提示が受けられます。

>>ユーカーパック(公式)への査定依頼はこちら

従来の一括査定であれば「カーセンサー.net簡単ネット査定」。1社〜最大30社まで、自分にあった買取業者に一括査定を依頼することができます。

また、従来の一括査定と同じなので、があります。

さらに、他の一括査定と違い、住所の入力フォームがなく、郵便番号のみで査定ができるので最低限の個人情報が守られているメリットもあります。

>>カーセンサー.net簡単ネット査定(公式)での一括査定はこちら

一括査定サイトのランキングについては下記の記事で詳しく解説しています。

車を売る前に知っておきたい一括査定のメリットとデメリット

本章で分かる内容

  • 一括査定のメリットを知りたい
  • 一括査定のデメリットを知りたい

一括査定の利用を検討しているあなたは、一括査定のメリットとデメリットを知りたいという人も多いのではないでしょうか。

本章では一括査定のメリットとデメリットについて簡単に解説していきます。

一括査定のメリット
  • 一度の情報入力で複数の買取業者に査定を出せる
  • 車を売却する方法の中で最も高く売却できる
  • 無料出張査定サービスがある
  • 売却金額を自由に使える
一括査定のデメリット
  • 「メール」や「電話」がしつこい
  • 査定する業者によって査定価格が大きく変わる場合がある

一括査定サービスは車を最も高く売る方法であるのは間違いありませんが、利用するサイトによって電話営業がしつこいデメリットがあります。

一括査定のメリットとデメリットについては、下記の記事で詳しく解説しています。

トラブルにならないための車買取の流れと必要書類を解説

本章で分かる内容

  • 車を売却する時の流れを知りたい
  • 車を売却するのに必要な書類を知りたい

車の売却を検討している人は、車を売却する時の流れや必要な書類について知りたいという人も多いのではないでしょうか。

本章では車を売却する時の流れや必要書類、他人名義の車でも売却できるのかを解説していきます。

車を売却する時の流れは一見複雑そうに見えますが、意外と簡単です。

また売却先が対お店の場合と対個人の場合で車を売却する時の流れや必要な書類が少し変わってくるので注意が必要です。

売却先が対お店の場合

  • 1 査定
  • 2 現車確認をして査定をしてもらいましょう
  • 3 書類準備と手続き
  • 4 車両引き渡し
  • 5 入金確認

売却先が対お店の場合の必要書類

  • 自動車検査証
  • 印鑑登録証明書(発行後1ヶ月以内のもの×2通)
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車納税証明書(有効期限を確認してください)
  • リサイクル券(預託済みの場合)
  • キャッシュカードと通帳
  • 銀行印
  • 実印

売却先が対個人の場合

  • 1 売却価格を決める
  • 2 書類準備と手続き
  • 3 入金確認
  • 4 名義変更
  • 5 車両引き渡し

売却先が対個人の場合の必要書類

車を譲る側の必要書類(旧オーナー)

  • 自動車検査証
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車納税証明書(有効期限を確認してください)
  • 委任状・譲渡証明書(インターネットからダウンロードできます)
  • 印鑑登録証明書
  • リサイクル券
  • 住民票・戸籍謄本(車検証に記載されている住所と現住所が異なる場合のみ必要)
  • 実印
  • 印鑑証明
  • キャッシュカードまたは通帳

車を受け取る側の必要書類(新オーナー)

  • 車庫証明(所轄の警察署で取得し、発行後1ヶ月以内のもの)
  • 申請書(陸運局で取得します)
  • 手数料納付書(陸運局で取得します)
  • 自動車税・自動車所得税申告書(陸運局で取得します)
  • 実印
  • 印鑑証明
売却先が対お店の場合は、基本的にお店のスタッフに従えば問題ありませんが、対個人で取引をおこなう場合は、かならず入金後に車両の引き渡しをするのがポイントになります。

入金後に車両の引き渡しをおこなえば、車だけ持ち逃げされるのを防ぐことができます。

書類を準備するタイミングは、車の売却先を決めたあたりから準備しておくとスムーズに取引がおこなえます。

車を売却するといつごろ振込、入金されるの?

ディーラーの場合は、売却金額がそのまま新しい車の購入金額に充てられるので振込はありませんが、買取業者の場合は、買取されてから1〜2週間程度で振込されるケースが多いです。

売買契約を結ぶ際に、振込や入金についても聞いておくと安心できます。

車を売却する時の流れや必要書類については、下記の記事で詳しく解説しています。

他人名義の車でも買取をおこなってもらえる?ローン残債がある車はどうする?

本章で分かる内容

  • 他人名義の車でも買取してもらえるのか知りたい
  • ローンの残債がある場合はどうすればいいのか知りたい

親の名義や他人名義の車を売却したいという人も多いのではないでしょうか。

また、名義がローン会社になっている場合でも買取してもらえるのか?不安に思っている人も多いのではないでしょうか。

一般的には、他人名義の車でも売却が可能です。

しかし、他人名義の車を売却するには、所有者の実印を捺印した委任状が必要になります。

また、¥¥名義がローン会社になっている場合は、所有権保留解除の手続きをする必要があります。

しかし、所有権保留解除の手続きをするには原則ローンの残りの残債を返済しなくてはなりません。

ディーラー下取り?買取業者?売却先別のメリットとデメリットを解説

本章で分かる内容

  • 車をどこに売却したらいいのか知りたい
  • 売却先ごとのメリットとデメリットを知りたい

車の売却を検討している人の中には「どこに売却したらいいのかわからない」という人も多いのではないでしょうか。

ひと昔前は、車の売却先というとディーラー下取りが一般的でしたが、昨今はインターネットの急速な普及により車の売却方法もさまざまです。

車の売却先は大きく分けて下記の4つです。各売却先にメリットとデメリットが存在するので簡単に解説していきます。

  • ディーラー下取り
  • オークション
  • 個人売却
  • 買取業者

ディーラー下取り

ディーラー下取りとは、車を売却というよりも、下取りに出す車の査定価格で、新車購入金額を値引きするかたちになります。

メリット 車の購入と売却が一緒にできて、乗り換えがスムーズ
デメリット あくまで下取りであり、買取は専門外なため買取価格が安い

ディーラー下取りのメリットとデメリットについては下記の記事で詳しく解説しています。

オークション

大手のヤフーオークションなどに、自ら出品する方法です。

メリット スマホ一つで簡単にできて、高値で売却できる
デメリット 売却するまでに時間がかかり、一度出品したら必ず売却しなくてはならない

個人売却

友人や親戚など、個人で取引する方法です。

メリット 無駄な費用がかからない
デメリット 書類手続きに時間がかかり、書類やお金などで揉める可能性がある

買取業者

買取を専門とした業者に売却する方法です。

メリット スマホ一つで簡単にできて、短時間で査定価格がわかる
デメリット 査定する買取業者によって査定価格が大きく変わる場合がある

車を売却すると税金を払わなければならない?払う税金と戻ってくる税金

本章で分かる内容

  • 車を売却する時に払わなければいけない税金がるのか知りたい
  • 車を売却する時に戻ってくる税金があるのか知りたい

車を売却するときは、戻ってくる税金と払わなければならない税金があります。

戻ってくる税金

車を売却する際に還付される税金は「自動車税」です。

毎年4月に車の所有者に課税される税金で、5月31日を納期期限として1年分を一括で支払いしていますよね。

そのため、車を売却すると、名義変更が完了した翌月から3月までの自動車税が還付されます。

支払いが必要になる税金

次に車を売却する際に支払いが必要となる税金は下記の3つです。支払いが必要になる税金について簡単に解説していきます。

  • 所得税 車の用途によって売却時に得た利益に対し発生する場合がある
  • 消費税 個人取引の場合は消費税はかかりませんが、ディーラーや業者に売却する場合は消費税の支払いが発生する場合がある
  • 自動車税 車を売却するのが4月1日の場合はタイミングによって支払いが必要となる場合がある

基本的に車の売却に関して支払いをする税金はありません。

しかし、消費税の場合は、個人取引以外の買い手側(買取業者やディーラー)は消費税を納める義務があるので、買取価格の一部が消費税に充てられています。

車を売却するときの税金については、下記の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

車の売却をキャンセルしたい!クーリングオフは適用される?

本章で分かる内容

  • 売買契約後に急に車が必要になりキャンセルできるのか知りたい
  • 車の売却でもクーリングオフが効くのか知りたい

車の売却を決めたものの、何かしらのトラブルでキャンセルしたいという人も多いのではないでしょうか。

車売買の契約後は状況によってキャンセルできる場合があります。

買取業者は、契約書の中にキャンセルできる期間を定めている業者が多く、期間内であれば問題なくキャンセルができます。

契約書を交わす前にキャンセルできるのか?聞いておくと安心です。

車売買の契約後のキャンセルはタイミングによって違約金が発生する場合があるので注意が必要です。

車の売却契約のキャンセルについては下記の記事で詳しく解説しています。

車を売るときの任意保険と自賠責保険は?売却時と乗り換えるときの保険を解説

本章で分かる内容

  • 車を乗り換える場合の任意保険や自賠責保険をどうすればいいのか知りたい
  • 車を売却するときの任意保険や自賠責保険について知りたい

車の売却後の任意保険や自賠責はどうすれば良いかわからないという人も多いのではないでしょうか。

任意保険と自賠責保険は、車を乗り換える場合と車を売却する場合によって手続きが異なります。

車を乗り換える場合

  • 1 乗り換える車と納車日を決定する
  • 2 新しい車検証を用意する
  • 3 保険会社に連絡し乗り換え手続きをする

車を乗り換える場合は、新しい車の車検証(コピーでも可)を用意して保険会社に連絡するだけで手続きがおこなえます。

車を売却する場合

車を売却する場合は任意保険を解約する必要があります。

自賠責の場合は、車検取得時に保有している人に2年分先払いする義務のある強制保険で、車を売却する場合は、次の自賠責保険を支払う必要がありません。

車を売却する場合に任意保険を解約するにはある手続きをおこなわないと大きく損をしてしまう場合があるので注意が必要です。

車を海外へ売却すると高く売れる?輸出のメリットとデメリット

本章で分かる内容

  • 車を海外に売却する方法を知りたい
  • 車を海外に輸出するときの注意点を知りたい

車の売却を検討している人の中には、海外への輸出を検討している人も多いのではないでしょうか。

売却する車種によりますが、海外では日本お中古車は非常に需要があり国内相場より高く売却できるケースが多くあります。

しかし、車を海外へ輸出するには、規制が厳しい国もあるので注意が必要です。

車を海外に売却する方法

個人輸出 バイヤーとの価格交渉や書類準備、輸出手続きを全て自分でおこなう
輸出代行業者 売却金額のみ決定してバイヤー交渉や輸出手続きなどを代行しておこなってくれる

個人で輸出をおこなおうと思うと複雑な手続きがあり素人には難しいです。

また、規制の厳しい国では、「自分で所有する車以外は持ち込んではならない」としている国もあり、場合によっては密輸になってしまいます。

一方、輸出の代行業者であれば、売却金額だけを自分で決定し、面倒な手続きは一貫しておこなくれる業者もあります。

改造車でも買取してもらえる?高く買取してもらえる買取業者を解説

本章で分かる内容改造車でも買取してもらえるのかを知りたい

車が好きな人の中には、自分好みにカスタムして改造している人もいるのではないでしょうか。

また、改造車でも買取をおこなってくれるのか不安な人も多いのではないでしょうか。

改造車は、ディーラーで下取りはおこなってくれませんが、買取業者であれば基本的には買取してもらえます。

また、改造車やカスタムカーを販売している中古車業者であれば、高価買取しているケースが多くあります。

動かない車の買取は?不動車だと値段がつかない?

本章で分かる内容

  • 不動車でも買取してもらえるのか知りたい
  • 廃車にしようか迷っている車でも買取してもらえるのか知りたい

動かなくなってしまった車を売却したい人は買取してもらえるのか不安な人も多いのではないでしょうか。

結論から述べると、動かなくなった車でも買取してもらえます。

しかし、一般的な買取業者だと、査定額0円で車だけ持っていかれるケースが多くあります。

そのため管理人がおすすめするのは、廃車を専門の買取している業者です。

廃車を専門している業者であれば、動かない車や不動車、廃車のような車でも数万円で買取してもらえる可能性が高くなります。

事故歴のある車の売却|傷まみれや凹みのある車でも買取してもらえる?

本章で分かる内容

  • 事故歴のある車でも買取してもらえるのか知りたい
  • 傷だらけ、凹みのある車でも買取してもらえるのか知りたい

事故歴や傷まみれ、凹みのある車を所有しているあなたは、売却してもらえるのか不安に思っているのではないでしょうか。

結論から述べると、事故歴や傷まみれ、凹みのある車でも買取してもらえます。

しかし、事故歴と言っても修復歴と修理歴に分かれていて、それぞれで売却する業者が異なります。

そのため、あなたの車がどこまで破損しているのかを調べる必要があります。

また、程度によりますが、傷や凹みの場合は、一般的な買取業者で買取をおこなってくれますが査定額が減額されるケースが多くなっています。

車を高く売るためのトリセツ車種一覧

トヨタ bB
トヨタ CH-R
トヨタ アクア
トヨタ アルファード
トヨタ ウィッシュ
トヨタ エスティマ
トヨタ シエンタ
トヨタ ノア
トヨタ ハリアー
トヨタ プリウスα
トヨタ プリウス
トヨタ ランドクルーザー
トヨタ ヴェルファイア
トヨタ ヴォクシー
ホンダ N-BOX

おすすめの記事一覧

消費税10%に増税|車の購入時期はいつがいいの?|自動車税の廃止と環境性能割

bBの10年落ちを売却|走行距離10万キロ以上でも売却出来る?

【2019年最新】5年落ちアクアはいくらで売れる?買取相場とリセールバリューを解説

【2019年最新】10系アルファードの売却|買取相場と売却する際のポイントを解説

【2019年最新】30アルファードの売却|買取相場と下取り相場を徹底比較

【2019年最新】アルファードの海外売却と輸出するメリットとデメリット

10年落ちエスティマの売却|下取り相場と買取相場を徹底比較

【2019年最新版】新型ハリアーのリセールバリューを徹底解説|ターボ車の買取相場と輸出仕様は?

【2019年最新】5年落ちハリアーの売却|買取相場とリセールバリューを徹底解説します

ハリアーの海外売却の需要はあるの?|海外売却のメリットとデメリット

ハリアーの下取りは高いって本当なの?高く売るためのコツを徹底解説

走行距離10万キロのプリウスは売却できるの?買取相場と実際の買取事例を紹介

50系プリウスの売却|ディーラー下取りと買取業者の査定表を解説します

ランドクルーザー200の売却|買取相場とリセールバリューを徹底解説

ランドクルーザー 70の売却|買取相場とリセールバリュー表を解説

7年落ちヴェルファイアの買取相場とリセールバリューを解説|最も高く売る方法とは?

【2019最新】ヴェルファイアの5年落ちの買取相場は?高額売却するポイントとは?

ヴェルファイアのリセールバリューを徹底解説|愛車の価値と査定額とは?

【最新】30ヴェルファイアの売却|買取相場とリセールバリューを徹底解説

【最新】5年落ちヴォクシーの売却|ディーラー下取りと買取業者相場を徹底解説