車を売却するのは、人生に数回しかない人がほとんどだと思います。

車を売却する人の多くは、乗り換える人が大多数だと思いますが、高く売却したいという望みは、皆共通しているのではないでしょうか。

いざ売却しようと思ってもなにをすればいいか分からず、ディーラーに車を持っていき、そのまま任せっきりという人が多いと思います。

ディーラーに任せっきりにしていまうと、想像以上に安い価格で下取りされてしまったケースもよくあり、損をした人も少なくありません。

この記事では、まず何から始めれば良いのかと、車を売却する時の流れを紹介しています。

車の売却方法

車の売却する方法はいくつかありますが、大きく分けて4つあり、各方法のメリットとデメリットを簡単に紹介します。

  • ディーラー下取り
  • オークション
  • 個人売却
  • 買取専門の業者

ディーラー下取り

ディーラー下取りとは、車を売却というよりも、下取りに出す車の査定価格で、新車購入金額を値引きするかたちになります。

メリット 車の購入と売却が一緒にできて、乗り換えがスムーズ
デメリット あくまで下取りであり、買取は専門外なため買取価格が安い

オークション

大手のヤフーオークションなどに、自ら出品する方法です。

メリット スマホ一つで簡単にできて、高値で売却できる
デメリット 売却するまでに時間がかかり、一度出品したら必ず売却しなくてはならない

個人売却

友人や親戚など、個人で取引する方法です。

メリット 無駄な費用がかからない
デメリット 書類手続きに時間がかかり、書類やお金などで揉める可能性がある

買取専門の業者

買取を専門とした業者で、無駄なマージンがなく高値で売却できる方法です。

買取専門業者は独自の販売ルート持っていて高額で買取をおこなっても、必ず利益が出せるため、買取価格が高くなります。

メリット スマホ一つで簡単にできて、短時間で査定価格がわかる
デメリット 査定する買取業者によって査定価格が大きく変わる場合がある

大きく分けて4つの売却方法を紹介しました。

この中で管理人がおすすめするのは買取専門業者です。

各方法にメリットとデメリットがありますが、買取専門の業者が最も高値で売却できて、一番リスクが低い売却方法だと思います。

売却先が対お店の場合

売却先が対お店の場合の車売却の流れを紹介します。

  • 査定
  • 現車確認をして査定をしてもらいましょう
  • 車を少しでも高く売却したいのであれば査定前にひと手間を
  • 書類準備と手続き
  • 車両引き渡し
  • 入金確認

査定

売却方法を決めたら、まず初めに車種やグレード、走行距離などで概算の査定額を提示してもらいましょう。

概算の査定額を提示してもらったら、買取相場をチェックして頭に入れておきましょう。

現車確認をして査定をしてもらいましょう

いよいよ、現車を確認して、実際に査定をしてもらいます。

実際に車の状態を確認して、買取価格を提示しもらい、互いに納得して合意すれば書類手続きに入ります。

車を少しでも高く売却したいのであれば査定前にひと手間を

車を少しでも高く売却するために査定前のひと手間で査定額を高くしましょう。

価格交渉

買取価格を提示された時に、先ほど調べた買取相場と比較して、相場より安い価格であれば、売却先と交渉しましょう。

買取相場や希望額を伝えることで、買取価格が高くなった事例はよくあることです。

言わないまま、伝えないままで損をしてしまう可能性があるので、注意しましょう。

車の洗車と車内清掃をしてから査定に出す

査定前に洗車と車内清掃をおこないましょう。

査定時のポイントは色々ありますが、査定員の第一印象として、清潔さが大切です。

煙草やペットの匂い、シートカバーの劣化や傷などは査定額に影響します。

査定員の印象も悪くなるので、車内はクリーニングをしてから査定を出すことで、査定員の印象も良くなり査定額があがる可能性があります。

交換した部品の用意

交換した純正部品やホイール、スペアキーなども用意しておく必要があります。

純正部品やスペアキーなどは再販売するときの価格アップにもなるので、査定額も高くなります。

書類準備と手続き

車を売却するのに必要な書類は以下の通りです。

  • 自動車検査証
  • 印鑑登録証明書(発行後1ヶ月以内のもの×2通)
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車納税証明書(有効期限を確認してください)
  • リサイクル券(預託済みの場合)
  • キャッシュカードと通帳
  • 銀行印
  • 実印

以上5点の書類とキャッシュカードと通帳、印鑑を用意しておけば、書類手続きがおこなえます。

売却方法を決めたあと辺りから、必要な書類や手続き準備などを進めておくことで、スムーズに売却ができて、買取側にも売る気があるという意思表示にもなるので、高値の査定額がつくかもしれません。

車両引き渡し

買取価格に納得したら、準備した書類を渡せば買取店が手続きを進めてくれます。

手続きが完了し、車体を渡したら売却成約になります。

自動車保険の切り替えが忘れがちなので、忘れずに切り替えの手続きをおこないましょう。

車体を引き渡す前に、もう一度車内に忘れ物が無いかチェックします。

ダッシュボードやオーディオ内のCDやDVD、サンバイザーやメガネBOXなどもう一度確認しましょう。

またナビの中には個人情報が入っているので、必ず削除しておきましょう。

車には色々な思い出が詰まっていると思うので最後に記念写真を撮っておくのもおすすめです。

入金確認

クルマを手放したら、あとは代金が入金されるのを待つだけになります。

ディーラー下取りの場合は、新車購入金額の値引きになります。

入金確認されたら、必ず売却金額と合っているか確認しましょう。

売却先が対個人の場合

友人や親戚への譲渡や、個人売却の際の手続きは、全て自分でおこなわなければなりません。

名義変更などはしっかりおこなわなければ、思わぬトラブルにもなるので注意が必要です。

ここからは、売却先が対個人の車売却の流れを紹介します。

  • 売却価格を決める
  • 書類準備と手続き
  • 入金確認
  • 名義変更
  • 車両引き渡し

売却価格を決める

車を個人に売却すると時は双方で売却価格を決めます。

事前に車種やグレード、走行距離で買取相場をチェックして、お互いで納得する価格を決めましょう。

一方的に価格を決めてしまうと、あとお金が振り込まれなかったり、名義変更をおこなわなかったりとトラブルにも繋がるので注意が必要です。

書類準備と手続き

個人と取引する場合に必要な書類は以下の通りです。

車を譲る側の必要書類(旧オーナー)

  • 自動車検査証
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車納税証明書(有効期限を確認してください)
  • 委任状・譲渡証明書(インターネットからダウンロードできます)
  • 印鑑登録証明書
  • リサイクル券
  • 住民票・戸籍謄本(車検証に記載されている住所と現住所が異なる場合のみ必要)
  • 実印
  • 印鑑証明
  • キャッシュカードまたは通帳

車を受け取る側の必要書類(新オーナー)

  • 車庫証明(所轄の警察署で取得し、発行後1ヶ月以内のもの)
  • 申請書(陸運局で取得します)
  • 手数料納付書(陸運局で取得します)
  • 自動車税・自動車所得税申告書(陸運局で取得します)
  • 実印
  • 印鑑証明

お互いに必要書類を準備してから次に進みましょう。

書類は揃わなければ、手続きができないので、必ず確認が必要です。

入金確認

個人で取引でおこなう場合は必ず先に入金してもらいましょう。

先に名義変更や車両を引き渡してしまうと、お金を振り込んでくれなかったりと後々のトラブルにもなります。

名義変更

必要書類を準備し、入金確認をおこなったら、名義変更の手続きに入ります。

名義変更をする際は、先ほど紹介した書類を双方準備し、車を受け取る側(新オーナー)の住所を管轄する陸運局、軽自動車の場合は軽自動車検査協会に持ち込みます。

陸運局または軽自動車検査協会には名義変更の窓口がありるので、そこで手続きをおこなえば、名義変更は完了します。

名義変更はお金がかかるの?

  • 移転登録料(500円)
  • ナンバープレート代(2000円程度)
  • マークシート代(50円)

名義変更料は各陸運局または軽自動車検査協会によって異なりますが、約3000円程度で済みます。

車両引き渡し

自動車保険の切り替えが忘れがちなので、忘れずに切り替えの手続きをおこないましょう。

車体を引き渡す前に、もう一度車内に忘れ物が無いかチェックします。

ダッシュボードやオーディオ内のCDやDVD、サンバイザーやメガネBOXなどもう一度確認しましょう。

またナビの中には個人情報が入っているので、必ず削除しておきましょう。

近年は、ネットオークションや個人売買が増えてきて、個人で名義変更を行う人も増加しています。

必要書類さえしっかりと揃えられていれば、陸運局での手続きをおこなうだけです。

わからないことがあれば、陸運局の職員に聞けばも親切に教えてくれます。

友人や親戚への譲渡など、名義変更のみ行いたいという場合にも、個人での手続きの知識があれば簡単にできるので、参考にしてください。