2019年に消費税が増税されることで、車の購入を検討している人も多いのではないでしょうか。

2019年10月1日より、消費税が10%増税が予定されています。

車を購入するのは、高額な出費になるので、購入の際は注意が必要です。

車を最高額で買取してもらうには?

あなたが大切に乗ってきた車、売却するなら1万円でも高く買取してもらいたいですよね。
あなたの車を最高額で売却するなら一括査定の利用がオススメです。
しかし、一括査定って色々ありすぎて結局どれが良いのかわからないという人も多いのでないでしょうか。
一括査定については、「【2019年最新】電話営業なし?車一括査定の決定版をランキングで解説」の記事で詳しく紹介しているので、合わせてご覧ください。

消費税の歴史

消費税は1987年に導入されて以来、3回、増税が行われています。

1987年 3%消費税導入
1997年 3%→5%に増税
2014年 5%→8%に増税
2019年 8%→10%に増税予定

消費税は、本来、2015年の10月に10%に増税する予定でしたが、延長し、2017年4月から10%になる予定が、さらに延長し、2019年10月になりました。

また、2019年に消費税が10%に増税するのに伴い、自動車関連の税金では、2019年10月より自動車所得税が廃止され、環境性能割(燃費課税とも言われています)の導入予定されています。

環境性能割とは?

環境性能割とは、自動車を所得した時にかかる税金で、燃費性能が良い車は、税負担が軽くなり、反対に、燃費性能が悪い車は、税負担が重くなるという税金です。

課税が対象となる自動車は、登録車と軽自動車が対象であり、また、中古車も課税の対象になります。

環境性能割と税率は、以下の計算法式で求められます。

取得価額=課税標準基準額+オプション価額×残価率(中古車の場合)

上記で求めた取得価額に対し、新税の税率を乗じることになります。

課税標準基準額については、自動車取得税と同様の金額になるでしょう。

つまり、総務省令で定めるところにより算定した(財)地方財務協会の「自動車取得税の課税標準基準額及び税額一覧表」に記載されている金額で、新車価格の約90%となります。

また、中古車場合でも、自動車取得税と同様に残価率が適用されます。

しかし、中古車の取得価格が50万円以下であれば免税の対象になります。

残価率の表

経過年数 普通車の残価率 軽自動車の残価率
1年 0.618 0.562
1.5年 0.561 0.422
2年 0.464 0.316
2.5年 0.382 0.237
3年 0.316 0.177
3.5年 0.261 0.133
4年 0.215 0.1
4.5年 0.177
5年 0.146
5.5年 0.121
6年 0.1

 
経過年数は、初年度登録または、初年度検査年から、自動車を取得した年の前年までを年単位で計算します。

1月1日〜6月30日までに自動車を取得した場合は、0.5年、7月1日〜12月31日までに取得した場合は、1年を加算して求めます

税率

税率は以下の環境性能によって異なります。

環境性能割の税率 対象車
非課税 電気自動車 プラグインハイブリッド車 平成32年度燃費基準値+10%達成車
1%(営業車は0.5%) 平成32年度燃費基準値達成車
2%(営業車は1%) 平成27年度燃費基準値+10%達成車
3%(軽自動車と営業車は2%) 上記以外の自動車

 
環境性能割は、新車販売台数の約半分が、非課税の対象となる予定です。

トヨタのプリウスやアクアなど、低燃費の車種は、非課税の対象となるようです。

自動車を購入する際は、燃費基準を達成しているかチェックするのが良いでしょう。

現在の自動車所得税と環境性能割を比較

現在の自動車所得税は、エコカー減税を含めて、6区分に分けられいています。

しかし、環境性能割は、普通車であれば4区分、また軽自動車であれば、3区分に分けられます。

では、現在の自動車所得税と、新しくなる環境性能割え比較していきましょう。

普通車

自動車所得税の場合

燃費性能 自動車所得税
平成32年燃費基準+20%達成車 非課税
平成32年燃費基準+10%達成車 0.6%
平成32年燃費基準達成車 1.2%
平成27年燃費基準+10%達成車 1.8%
平成27年燃費基準+5%達成車 2.4%
上記以外 3%

環境性能割

燃費性能 環境性能割
平成32年燃費基準+20%達成車 非課税
平成32年燃費基準+10%達成車 非課税
平成32年燃費基準達成車 1%
平成27年燃費基準+10%達成車 2%
平成27年燃費基準+5%達成車 3%
上記以外 3%

軽自動車

自動車所得税の場合

燃費性能 自動車所得税
平成32年燃費基準+20%達成車 非課税
平成32年燃費基準+10%達成車 0.4%
平成32年燃費基準達成車 0.8%
平成27年燃費基準+10%達成車 1.2%
平成27年燃費基準+5%達成車 1.6%
上記以外 2%

環境性能割

燃費性能 環境性能割
平成32年燃費基準+20%達成車 非課税
平成32年燃費基準+10%達成車 非課税
平成32年燃費基準達成車 1%
平成27年燃費基準+10%達成車 2%
平成27年燃費基準+5%達成車 2%
上記以外 2%

新しい環境性能割は、自動車所得税より、非課税の幅が広くなっていて、平成32年の燃費基準+αの車種は非課税になります。

やはり、低燃費車は免税し、差別化を測ることにより、低燃費車への乗り換えを促す施策のようです。

車の購入時期

消費税が10%に増税されるのは、上記で説明した通り、2019年10月1日からです。

車を購入するのに最適な時期は下記の3つになります。

  • 2018年12月の冬のボーナス商戦
  • 2019年3月の決算期
  • 2019年8月の夏のボーナス商戦よ9月の半期決算

8月や12月はボーナス商戦があり、3月には本決算、9月には半期決算があるので、ディーラーや中古車業者が積極的に値引きをおこなってくれるので、車がお得に買える場合が多いです。

車の購入は、2019年8月までに契約を完了しているとベストです。

なぜなら、車は購入するにあたり、手続きや書類作成などがあり、提示書類や車庫証明などの準備も必要になります。

車の購入は、1日で完了するわけではなく数週間または、数ヶ月かかる場合もあるので、時間に余裕をもって車を購入するのがいいでしょう。

上記で一番ベストな購入時期は?

上記で、最もベストな時期は、2019年3月です。

なぜかというと、3月は、本決算であり、ディーラーや中古車販売業者は、1台でも販売台数を伸ばしたい意味合いと競合と差別化を測りたいため、値引額が大きいからです。

また、3月の本決算は、キャンペーン特別金利があり、通常より3%近く安い金利でローンを組めるかもしれません。

2019年8月の夏のボーナス商戦よ9月の半期決算もありますが、消費税増税に時期に近く、売り上げが下がるため、値引額が低いと予想されます。

上記の点から、2019年3月が車を購入するには最もいい時期と言えます。

まとめ

  • 2019年10月1日より消費税10%に増税
  • 消費税10%に伴い環境性能割の適用
  • 車を購入するなら、2019年の3月が狙い目
  • 値引額とキャンペーン金利でお得に車を買う

上記で、紹介したことを参考にして、あなたに合った車をお得に買いましょう。

車を購入するなら今の車を高く売ろう

車の購入を検討している人の多くは、乗り換える言う人が多いのではないでしょうか。

2109年10月に消費税の増税より、新車の販売台数は急落すると言われています。

それに伴い、ディラー下取りや、買取業者の査定額にも大きな影響を及ぼします。

  • 新車の販売台数が急落
  • 中古車の販売台数も急落
  • 中古車価格が下がる
  • 下取り価格や買取業者相場が下がる

上記の通り、消費税増税に伴い、新車の販売台数が急落し、中古車の販売台数も急落すると、中古車業者は、中古車の販売価格を下げなければ買い手が見つかりません。

販売価格が下がると言うことは、仕入れである買取価格も比例して下がっていきます。

そのため、車を乗り換えるのであれば、増税前に売却し、新しい車を購入するのが得策と言えます。

しかし、急に乗り換えと言われても、あなたの愛車がいくらで売却できるのか不安な人も多いのではないでしょうか。

あなたの大切な愛車を売却するのであれば、高く売りたいと思うのは当たり前ですよね。

下記の記事では、あなたの愛車を高く売却するポイントを紹介しているので参考にして下さい。

あなたの愛車を高く売却するポイントは?

あなたの愛車を高く売却するには、いくつかのポイントがあるので、売却時の参考にしてください。

  • 売却先を決める
  • 売却時期
  • 査定前の車内清掃と洗車
  • 複数の買取業者に査定を出す

売却先を決める

まずはじめに、車の売却先を決めなければなりません。

車の売却方法は、インターネットが普及した現在、ディーラー下取りや、オークション出品、個人売却、買取業者など、売却する方法は様々です。

しかし、その売却方法もメリットとデメリットが存在します。

各売却方法のメリットとデメリットを紹介します。

  • ディーラー下取り
  • オークション
  • 個人売却
  • 買取業者

ディーラー下取り

ディーラー下取りとは、車を売却というよりも、下取りに出す車の査定価格で、新車購入金額を値引きするかたちになります。

メリット 車の購入と売却が一緒にできて、乗り換えがスムーズ
デメリット あくまで下取りであり、買取は専門外なため買取価格が安い

オークション

大手のヤフーオークションなどに、自ら出品する方法です。

メリット スマホ一つで簡単にできて、高値で売却できる
デメリット 売却するまでに時間がかかり、一度出品したら必ず売却しなくてはならない

個人売却

友人や親戚など、個人で取引する方法です。

メリット 無駄な費用がかからない
デメリット 書類手続きに時間がかかり、書類やお金などで揉める可能性がある

買取業者

買取を専門とした業者で、無駄なマージンがなく高値で売却できる方法です。

買取業者は、独自の販売ルート持っていて高額で買取をおこなっても、必ず利益が出せるため、買取価格が高くなります。

メリット スマホ一つで簡単にできて、短時間で査定価格がわかる
デメリット 査定する買取業者によって査定価格が大きく変わる場合がある

大きく分けて4つの売却方法を紹介しました。

上記の売却方法の中で、管理人がおすすめする売却方法は、買取業者に売却する方法です。

各方法にメリットとデメリットがありますが、買取専門の業者が最も高値で売却できて、一番リスクが低い売却方法だと思います。

買取相場を調べる

まず、車を高く売却するには買取相場を知ることが必要になります。

あなたの愛車の価値や、買取相場を知っておくことにより、安く買い叩かれることを防ぐことができ、買取交渉に関して有利に働くことがあります。

そのため、最低限知識として、あなたの愛車の価値と買取相場を調べておきましょう。

売却時期

中古車市場は、時期によって買取相場が大きく変動します。

そのため、同じ車種で、同じ年式、同じ走行距離の車を売却しようとしても、時期によって買取価格に大きく差が出ます。

結論から言うと、中古車を最も高く売却できる時期は、年度末に向けての1月〜3月になります。

ではなぜ1月〜3月に高く売却できるのでしょうか?

一般社団法人「日本自動車販売協会連合会」が発表している自動車の月別販売台数は、2017年の3月は約69万台、次いで9月の約49万台が車を多く販売している時期になります。

最も多く販売している時期は、3月になり、その理由として、4月から就職や新生活を始める人が新しく車を購入するという理由が考えられます。

中古車業者は、3月には決算があり、販売台数を少しでも伸ばしたい意味合いと、4月に売却する車の在庫確保のため、高額でも買取をおこなっているので、1月〜3月は、最も車を高く売却できる時期になります。

あなたの愛車を売却するには、税金なども考慮して1月~3月に売却するのが得策でしょう。

査定前の清掃

あなたの愛車の査定前には、洗車と車内清掃をおこないましょう。

査定時のポイントは多々ありますが、査定員の第一印象として、清潔さが重要なポイントになります。

車体が綺麗で、車内が清潔の車は、大切に乗ってきたことが伝わり、反対に車体が汚れいて、車内が汚い車は、「壊れている箇所はないか?」や「ちゃんとメンテナンスをおこなっていきたの
か?」と疑問を持たれ、査定員の印象を悪くしてしいます。

車内清掃をしたからといって、査定額が高くなるわけでありませんが、査定額がマイナスになることを防ぐことができます。

煙草やペットの匂い、シートカバーの汚れなどは査定額に影響し、査定員の印象も悪くなるので、車内はクリーニングをしてから査定してもらいましょう。

複数の買取業者に査定を出す

あなたの愛車を最も高く売却するには、複数の買取業者に査定を出すことをお勧めします。

買取専門の業者は、ディーラー下取りよりも、高く買取をおこなっている実績がありますが、買
取業者を1社のみに査定を出しても高く売却することはできません。

なぜなら、業者にとって買取とは仕入れであり、仕入れ値は、安ければ安いほど利益が高くなの
で、本来は少しでも安く買取をおこないたいを思っています。

ではどうすれば高く売却できるのか?

複数の買取業者に査定を出すことによって、買取業者同士で価格競争が起き、査定額がどんどん
高くなっていきます。

価格競争が起きれば、査定額のアップはもちろんのこと、ユーザーがお得な情報などの提案をしてくれます。

複数の買取業者の査定額を比較することで、今の愛車の買取相場を知ることもできます。

あなたの愛車がいくらで売れるのかを調べるには、一括査定の利用がおおすすめ!

複数の買取業者に査定を出すなら一括査定の利用がおすすめです。

ディーラーやガソリンスタンドで査定してもらうのも良いですが、車を持っていき査定してもらうと、1日、3か所回るのが一苦労です。

場所によっては査定費用がかかる場合あります。

そこでお店の人に勧められて、安易に売却してしまった人も少なくありません。

一括査定なら、スマホ一つで必要項目を入力すれば短時間で各社の査定額を比較できます。

一括査定は、時間が無くても寝る前や電車の中のわずかな時間でも査定できます。

査定したからといって必ず売却しなければならない訳ではないので、各社の査定額を比較して、一番高額な査定額を提示した業者に売却するのがいいでしょう。

おすすめの一括査定業者

カーセンサー.net簡単ネット査定であれば、1社〜最大30社まで、自分にあった買取業者に一括査定を依頼することができます。

また、従来の一括査定と同じなので、買取業者ごとに詳しい査定の内容を聞くとができて、交渉などを自分でおこなえるメリットがあります。

さらに、他の一括査定と違い、住所の入力フォームがなく、郵便番号のみで査定ができるので最低限の個人情報が守られているメリットもあります。

>>カーセンサー.net簡単ネット査定(公式)での一括査定はこちら

しつこい電話営業が嫌だ、個人情報が心配だ、というあなたは、ローラでおなじみのユーカーパックがおすすめです。

ユーカーパックは一括査定の仲介会社で、従来の一括査定の問題点を全て解決したサービスです。

従来の一括査定サービスは、複数の買取業者から何十件も電話がかかってきますが、ユーカーパックはユーカーパックのスタッフが一回おこなうだけです。

そのうえ、最寄りのガソリンスタンドで一回査定をおこなうだけで、1000社以上の買取業者から買取価格の提示を受けられるので、手間に感じることがなく、女性でも安心して利用できるサービスです。

一括査定に出したいけど電話営業は困る、というあなたや、個人情報が漏れることが心配というあなたは、ユーカーパックで査定してみてはいかがでしょうか。

>>ユーカーパック(公式)への査定依頼はこちら